記憶

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 10:11

 いつもより少し暖かく感じる朝です。最低気温は1℃、きょうは冬日脱出です。

 空はどんより曇り空、西の空に雲の切れ目があり、晴れる期待もありますが、きょうは予報では雨の模様。

 

 いつも出掛け始める時間を記憶しているのですが、途中まで歩いてきて、きょうの家を出た時間が思い出せません。曇り空では空を仰いでみることもなく、ひたすら歩きながら記憶をたどります。

 

 駅近くの交差点で、工事看板をみると、工事期間:平成30年〜云々…。うんむ?平成30年て今年だったかな?西暦でいうと?年だったけ?。2020年は東京オリンピックだから…ええと今年は…わからない?

 突然の、思いだせないことへの恐怖が湧いてきます。歩きながら考える、そう、今年は平成30年、来年31年の4月で平成が終わるのだったな。えぇっ〜西暦ではう〜ん何年?う〜んん2017年だったかな。……

 散歩から戻り確認すると、そう〜、平成30年は合っていましたが、西暦2018年でした。わたしの記憶はまだ去年のままでとどまっていたようです。

 認知症のこと…頭をよぎります。認知症を改善するには、水分補給が大事だということが云われています。

 テレビ番組で、芸能人の母親が介護施設で行っている水分をこまめにとる指導を実践しているケースでは、記憶が改善されたとのことがありました。調べてみると、認知症予防(回復にも!)には、意識してこまめな水分補給をすることが効果的なようです。

 

 そういえば、きょうは1月17日、阪神・淡路大震災が起きた日です。

【 1995年(平成7年)1月17日  地震発生:午前5時46分52秒 】

 あの日は外出先で、…9時か10時ごろだったと思いますが…「なんか関西の方で大きな地震があったみたいだ」と、そんな感じでした。帰宅して、時間の経過とともに被害の甚大さにただ驚くばかりだったように記憶しています。

 大通りの中央の高架を走る高速道路を支えるコンクリート製の丸い支柱が木の枝が折れたように倒れて、高速道路が軒並み傾きジグザグになって、下の道路に横たわっている映像は衝撃的でした。神戸市長田区長田町の商店街では、大規模火災が発生して商店街が消滅してしまったことも忘れられない記憶です。

 6400人以上の人々が亡くなって、その大部分が建物の倒壊等による圧死だったと伝えています。

 あの時から、大地震に備えて建物、工作物などをより粘り強く地震に耐えられるよう見直し、関連法改正が行われてきました。高速道路や鉄道の高架の支柱は、あちこちで炭素鋼繊維や鉄板での補強工事が行われていたのを思い出します。

 

 きょうの新聞には、なぜか大震災の日の関連記事がみあたりません。わずかに読者投稿欄に投稿記事がある程度。東日本大震災の話題はまだまだあっても、阪神・淡路大震災の記憶はどんどん薄らいでしまっているのでしょうか。


 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

BLOG RANKING

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM